カミヤノート

カミヤノート

二次創作とFGO・Fate、最近のアニメについて

【FGO】今更2部6章後編〜戴冠式の後感想【ネタバレあり】

FGO6thフェスも終わり、長らく続いた2部6章もオベロンPUで大団円です。ガチャについては別記事にします。

ところで今年の夏イベントのロリンチちゃん、完全に魔弾銃装備してますね。これは「ダ・ヴィンチちゃんの大冒険」になってもおかしくないのでは…?

 

f:id:kamiya_note:20210812184328p:image

今回は遅ればせながら、2部6章後編~戴冠式の後の感想記事です。個人的に泣いた3つのポイントと、バー・ヴァンシーについて言及したい点です。戴冠式の後よりは後編の感想中心です。

 

○2部6章の個人的泣きポイント①・オベロンは非戦闘サーヴァントじゃなかった

f:id:kamiya_note:20210730171844p:image

そこォ⁉︎といきなり理解不能な泣きポイントです。我ながら。

PU3が妖精騎士ランスロットとパーシヴァルだったため、イラスト担当が羽海野チカ先生なこともあり、本当にプレイアブル化しない非戦闘サーヴァントなのではと配信時ガッカリしていたのです。

しかし、シナリオを進めるときちんとゲストサーヴァントにオベロンが…‼︎

前編のCMを何度か見返して、やっぱり噂の通りCVが豊永利行さんだと確信していたので、シナリオに合わせた特殊ボイスに始まりじっくりオベロンを堪能しているうちに「ちゃんと実装される…‼︎」と感極まって涙していました。

 

○2部6章の個人的泣きポイント②・ペペの最期

f:id:kamiya_note:20210812175724p:image

ニュー・ダーリントンに送られた主人公とキャストリアを助けるため駆けつけ、立ちはだかるベリルに呪詛返しで重傷を負わせて力尽きたぺぺ。

本人も言っていた通り、彼(彼女)は殺し屋。清廉潔白とは程遠い人生を送ってきました。けれどぺぺの性根はそこまで歪んだものではなかったはずです。自分の在り方を受け容れ、聡明が故に自らの手を汚してでも醜悪なものを赦せなかった、「キレイに終わらせたい人」だったのです。

ぺぺといえば2部4章のセリフ「運命に、怒って!」がずっと心に残っています。心の中では自分の出自をずっと呪っていたのかもしれません。

そんなぺぺが心の拠り所にしていたデイヴィッド。彼とどのような間柄だったのかは今後明かされるのでしょう。出来ればぺぺが生きている間に話を聞いてみたかったものです。

 

○2部6章の個人的泣きポイント③・最後の騎士

f:id:kamiya_note:20210812170815p:image

ガレスちゃんはどこかで退場してしまうと最初から覚悟していました。彼女の最期は思った以上に壮絶で、巡礼の旅の大きな要でした。

ロンディニウムの襲撃者とのイベント戦闘で、囲まれたガッツのアイコンをつけたガレスちゃんが孤軍奮闘する姿を目の当たりにして、「あ、これアカンやつや」と思いました。ものすごく既視感のあるシチュエーションだったのです。そう、FF5エクスデスvsガラフです。

ガラフが先に倒れた仲間の前にひとり立ちふさがり、HPが0になっても闘い続けるイベント戦闘は私の記憶の中に強烈に刻み込まれています。自己犠牲じいさんキャラが好きになった大きな要因でした。

ガレスちゃんとガラフがダブった瞬間、FGOの全シナリオ中で1番泣きました。涙で画面が見えなくなるくらい…。

節タイトルの「最後の騎士」といい、本当に本当にかっこよかったです。英霊巡遊もキャストリアとガレスちゃんを選びました。

それだけに、オベロンのマイルームボイス「ガレス? 誰だっけ(半笑い)」は堪えました。このセリフについて自分で掘り下げたいので、二次創作を書こうか思案中です。つい先日二次小説お休みするって言ったのに、こういうことがあるから書きたくなるんですよね。

 

○弱者が身を守るための悪の是非…バー・ヴァンシーについて

f:id:kamiya_note:20210812175858p:image

モルガンの娘として悪逆の限りを尽くした、妖精騎士トリスタンことバー・ヴァンシー。彼女は元々下級妖精で、楽園の妖精として忌み嫌われていたモルガンを慕った数少ない存在でした。

しかしバー・ヴァンシーは善良であるが故に他の妖精から虐げられ、彼女の生き方を見かねたモルガンは「悪逆に生きるがいい」と命じます。目に余る残虐さ、傍若無人さも、モルガンがバー・ヴァンシーに幸福な人生をと考え、もたらした人格だったのです。

しかしモルガンも幸福に遠く、善行を成しても報われなかったのもあってか、結局バー・ヴァンシーは滅びの一途を辿り、ケルヌンノスを呼び覚ます最後のピースとなってしまいました。

当初彼女が大嫌いだった私も、さすがに同情を覚えました。モルガンとバー・ヴァンシーの関係性を否定はしません。ですが私は、弱者だからといって己を守るために悪として振る舞っていいとは決して思いません。

バー・ヴァンシーの在り方をはき違えて、自分の弱さを後ろ盾に暴言を吐いたり、身勝手な自己擁護をしたりする人が増えないことを願います。それこそオーロラみたいになってしまいますから。

 

戴冠式の後は色々ありすぎて言及しきれないので、とりあえず好きなシーンのスクショを貼っておきます。

 

f:id:kamiya_note:20210812184826p:image

このキャストリア大好きです。キャストリアはもっと怒っていい…。

f:id:kamiya_note:20210812164926p:image

ノクナレアとは仲が良かったキャスニキも激ギレ。

f:id:kamiya_note:20210812164939p:image

ご本人登場。

f:id:kamiya_note:20210812165038p:image

羽海野チカ先生の真骨頂。この瞬間を見たくて一晩でクリアしました。

f:id:kamiya_note:20210812184919p:image

旅路を共にしたキャストリアへの愛しさがこみ上げるシーン。大人の身としても、今の自分と過去の自分を重ねて感傷的になったセリフでした。

 

2部6章、個人的ナンバーワンのキャメロットよりも好きなシナリオになりました。

2部の話の中でも比較的独立した内容なので、いつかアニメ化などメディアミックスして欲しいです。

【FGO】福袋&特別召喚

オベロンをまた待たなければいけない気の沈みから一夜明け、攻略サイトで特別召喚と限定サーヴァントの所持チェッカーをやってみました。

福袋は、戦力的にはサーヴァントに困っていないので引こうか迷っていました。が、この絵面だけはどうしても心に引っかかるものがあったのです。

f:id:kamiya_note:20210802102708p:image

ランスロット以外持ってない!リンボと村正がいる!星4限定サーヴァントに水着の巴ちゃんがいる‼︎

 

オベロンがまだ引けないもどかしさと、ここ最近のFGOが失速気味(2部6章の盛り上がりはありますが)なので、福袋くらいは…とお布施も兼ねて引きました。

狙うは村正かリンボ、星4は水着の巴ちゃん。魔境福袋の結果はいかほどかというと…

 

f:id:kamiya_note:20210802103126p:image
f:id:kamiya_note:20210802103143p:image
f:id:kamiya_note:20210802103159p:image

 

ンンンンンン‼︎(歓喜

巴ちゃんでまずガッツポーズ、金回転のアルターエゴで大興奮でした。シメがレジライなのがまた…。

うちは割と悪役サーヴァントが少なかったのですが、最近は少しずつ来るようになってきました。巴ちゃんで眼福、リンボは性能もキャラクターもいいので嬉しいですね。

贅沢をを言うと…村正が欲しかったぞ村正ァ!

 

また、特別召喚もサクッと済ませました。

f:id:kamiya_note:20210802103716p:image

うーん、かっこいい。

「炎の戦士ク・ホリン」(サトクリフ著のクー・フーリンの小説)でも、クー・フーリン、ヤマトタケルと並んで三大英雄とされている人ですから、正統派のカッコよさです。

うちはアタランテが両方いるので、マイルームで姐さんの話を聞くのが楽しみです。Apoではアキアタが好きなんです…。

 

これだけ引いているとオベロンが引けるのか怪しくなっても何ら不思議ではないですよね…。

自分でもオベロンPUは死闘になると覚悟して挑みます。戴冠式も相当危ない匂いがぷんぷんしますけど…。

【FGO】6周年おめでとう&ガチャ引きました

FGO6thフェス、振り返るとあっという間でした。

周年サーヴァントは光のコヤンスカヤ。数日前から頭の半分がオベロンで占められていたので、コヤンの宝具映像を見て脱力しました。

 

しかしコヤンスカヤ、性能はなかなか良さそうです。NP配布が50%以上、バスターに特化したサポートスキルは是非超人オリオンと組ませたいので引きました。

 

f:id:kamiya_note:20210801203836p:image

 

虹回転で来てくれました!

やっと妖精騎士ランスロットをレベルマに出来る程度の種火しかないので、ゆっくり育てます。

うちのカルデア、玉藻はランサー玉藻もいるので全員揃ってくれて何だかんだ嬉しいです。

 

コヤンが引けたのは良い収穫ですが、オベロン実装が待ち遠しすぎて疲れてきました…。YouTubeに上がっているオベロンのモーション動画を見て辛抱します。8月4日にハベトロットと実装されるのが濃厚…だと信じたい…。

 

ところで、今回コヤンの前にヘラクレスが来てくれました(宝具2)。ヘラを引くのは何年ぶりでしょうか。

オベロンのモーションに「ヘラクレスの腰布だよ!」というセリフがあるんですよね。吉兆です。

 

特別召喚は今のところアキレウスをもらう予定です。霊衣が来るのでいいタイミングです。

オベロン…早く会いたい‼︎

 

【FGO】6周年イベント朗読劇の感想

7月27日からFGO6周年記念イベントが始まりました。

初日はマシュ視点でオリュンポスまでの異聞帯を振り返る朗読劇が配信されました。

6章後編の感想記事や、パズドラの呪術廻戦コラボの話もしたいのですが、朗読劇の感想を先にします。

 

正直なところ、催しでしっかり観たいのはカルデア放送局のみ、あとは開発スタッフトークのまとめが読めたら満足なのですが、朗読劇はオフェリア役の種﨑敦美さんが出演されるので気になっていたのです。

種﨑さんといえば、今ではダイの大冒険のダイ役など、脇役にとどまらず主演作も増えている演技派の声優さんです。「ダイ好きTV」などで見せる天然っぷりとのギャップがすさまじい、最近の女性声優でも随一のバイプレイヤーではないでしょうか。

 

私はオフェリア自体のエピソードも結構好きで、配信時シナリオを読みながら泣きました。サーヴァントの消滅も胸にくるものがありますが、やっぱり現地人や生身の人間キャラの死は辛いです。

朗読劇で改めて振り返ると当時の感情が蘇り、さらに種﨑さんの迫真の演技が加わると涙なしには観られませんでした。

f:id:kamiya_note:20210728190353p:image

ここのシーンがすごく好きです。

オフェリアの鬱屈とした感じを常に漂わせつつ、丁寧に演じられていて素晴らしかったです。演者の方を実際に見られるのって最高ですね。

全部は観なかったのですが、ノッブの「カルナァァ‼︎」は逆に演者の方を見て笑っちゃいました(すみません)。だってノッブなんだもん…。

 

オフェリア周りの話は個人的にホロウのバゼットと近いものを感じました。だから余計印象的だったのだと思います。

 

という訳で、種﨑さん最高という記事でした。

【創作】しばらく二次創作を休むことにしました【小説】

突然ですがタイトル通り、しばらく二次創作を休んで一次創作(オリジナル)に打ち込むことにしました。

 

5年弱ほどFateの二次創作を書いてきました。

最初はZeroの短編から始まり、FGO全盛期の頃にホロウアタラクシアの方にどハマりして、とにかくランサーとバゼットが好きで好きで他の方の二次創作を見たり読んだりして、自分でも形にしてみたのが始まりでした。

私はどうも悲恋や離別・死別するカップリングに惹かれる傾向があるようです。

ランサーとバゼットの場合、明確な恋愛感情の描写は厳密にはありません。しいて言うならバゼットが異性に惚れっぽく、ランサーにも憧れに似た感情を抱いていたこと、アンリマユおよび周囲はそれを好意と同等に捉えていた程度の描写です。

二次小説を書くごとに、自分の中で2人の関係が育っていくのが楽しく、また幸運なことに色んな方に読んでいただけたのも嬉しかったです。珍しくパロディに挑戦したのもいい経験になりました。

一方で、ぶどうの絞りかすのような状態になってしまったのが現状です。

 

休むと決めた最たる理由は、以前別ジャンルの二次創作をやっていた際「このジャンルばっかり書いていたら視野が狭くなる」と危機感を抱いたのをFateにも感じたからです。

 

私は小学校中学年くらいから小説を書いています。長ければいいという話ではなく、途中で嫌になったりスランプに陥っても、結局戻ってくるほど飽きることのない行為なのです。

 

同時に長く続けてきたからこそ、近年痛感したことがあります。

目上の知人(オンライン関係でない)の小説を拝読する機会があり、おこがましい話ですが自分が書くならもっと文章を整えたいと感じながら読み進めていました。しかしその方ならではの独特の言い回しやエピソード、メッセージ性にどんどん引き込まれ、次第に文章のことなど気にならなくなるほど読み耽っていたのです。

読み終えた時に思ったのが、小説で大切なのは文章力や技巧以上に「ネタ」の面白さ、「書きたいものへの熱量」だということでした。これは一次・二次関係ありません。

 

私は長年文章力を磨くことに注力してばかりで、書きたいものを自分が好きなように書くだけでした。ネタの面白さは書き手の引き出し(インプット量)に比例します。自分の引き出しの少なさ、偏ったインプットを自覚し始めたのもあって、ミーハー上等で鬼滅の刃や呪術廻戦のような人気作にも触れるようになり、今まで読まなかったような作品も手を出してみようと前傾姿勢を取っています。

 

別ジャンルでなく一次創作なのは、書きかけの小説が何作かあるためです。

ある小説家の方は、大ファンだった小説家が亡くなったのがきっかけでデビュー作を書き上げたそうです。

私もつい数ヶ月前、ベルセルク三浦健太郎先生が亡くなられたのがショックで、もう続きが読めない悲しみで途方に暮れていました。

それから大作でなくとも、多くの人に求められるものでなくても、書きたいネタや書きかけの作品に心残りがあるのなら最後まで書けるようやってみようと考え方が変わりました。

 

それに、終わらせないといつまでも古いものが残り、新しいものも出てきません。

アンリマユの台詞にも、以下のようなものがありました。

なにか、新しいもののために、
「終わりでも、見てみないと」

 

二次創作を完全に辞める訳ではありません。別ジャンルにケリをつけるためにもう書かないと言っておきながら書いていたくらいですから、また書きたくなるでしょう。

ですが今は、古いものを終わらせて新しいものを書くためにひと休みです。

【FGO】2部6章PU3の結果とオベロンの考察【ネタバレあり】

FGO、2部6章後編を3日くらいでクリアしました。

しばらくネットで考察を読み耽っていたのと、最近「白夜極光」を始めたのもあり、ブログ記事をしばらく上げていませんでした。白夜極光、適度に頭を使う戦闘システムで面白いです!

 

今回はアヴァロン・ル・フェ召喚PU3とオベロンについての考察記事です。2部6章後編の感想は別記事にします。

 

PU3では妖精騎士ランスロットが星5、円卓の騎士パーシヴァルが星4で実装されました。

ランスロットについては私がトンチンカンな予想をしていた一方で(ティターニアだと思っていた)、前編の時点でメリュジーヌと予想されていたそうで…しかもアルビオン

彼女は史実通りガレスちゃんに致命傷を負わせましたが(これは予想通りというか、現界したサーヴァントが生前と同じ運命を辿るFateのお約束みたいなものですね)、その点はおそらく「命令」で執行した行為だったので、あまり憎いとは思いませんでした。彼女自身のキャラクターは結構好きです。

性能的にも引いておいた方がいいのでは…と思い、PU3を回しました。

 

f:id:kamiya_note:20210725115534p:image

f:id:kamiya_note:20210725115557p:image
f:id:kamiya_note:20210725115604p:image

 

ありがたいことにパーシヴァルと両方引けました。

パーシヴァルは一見爽やかな青臭さ残る好青年かと思いきや、FF4のゴルベーザを彷彿とさせる「いいですとも!」のセリフと、とにかく食べなさいと言ってくるキャラのギャップが面白いです。

また、思わぬ副産物として、このサーヴァントも…

 

f:id:kamiya_note:20210725115711p:image

巴ちゃん‼︎絵が綺麗なのでずっと欲しかったんです。

他にも茨木ちゃん(宝具2)が来てくれました。鬼とか竜とか…

 

 

 

さて、7月25日現在、PU召喚4の気配は全くありません。キャストリアと同じように村正が復刻するのではとも囁かれていましたが、半年後の復刻はさすがにないようです。

2部6章登場サーヴァントで実装が確実なのはハベトロットとオベロンです。両騎ともにストーリー内でサポートとして操作可能、宝具とスキル2まで判明しています。ただし、一部のサポートサーヴァントはストーリー用に性能を調整されていると公式のお知らせで明記されています。1部のバビロニアでサポートだったマーリンが実装時と異なる性能だったように、この2騎、特にオベロンは実装時の性能に要注目です。

 

性能面の話はさておき、オベロンの思惑や動向は未だに不明瞭な点が散見されます。

f:id:kamiya_note:20210725124632p:image

例えば、オベロンはキャストリアから「あなたは本心を誰にも話さない」と指摘されています。

主人公からも「いつも怒ってない?」と訊ねられ、本人も肯定しています。

他の方の考察も読んだ上で、私は今のところ「オベロンは霊基にヴォーティガンの影響を受けている」と考えています。

 

理由としては、

ロンディニウムにあったレリーフの下部に描かれている「奈落の虫」がケルヌンノスだとすると、竜はアルビオンでなくヴォーティガン

・予言の一文

あかい災い=ケルヌンノス

くろい災い=ヴォーティガン

・元々ヴォーティガンはブリトンブリテン)人の諸侯。その行動がサクソン人と先住民だったブリトン人との抗争を招き、ブリトン人が敗走することになったのがウェールズ

(参照リンク・ヴォーティガン - Wikipedia

・オベロンが召喚され、拠点としていたウェールズの森には黒い粒子が漂っている→ヴォーティガンの残滓?

・オベロンの戦闘エフェクトに黒くどろっとしたものがある→森の黒い粒子に似ている

ウェールズの森の妖精たちのセリフに「ぼーてがん! ぼーてがん!」とある

・モルガンがウェールズの森を焼き払うよう命じた→危険因子があるため

・モルガンの部下だった騎士ポーチュンは妖精騎士ガウェインがウェールズの森を焼き払った後何者かに襲われ消息不明となっている→遺した言葉からヴォーティガンの存在が示唆される。ヴォーティガンが復活しつつある?

f:id:kamiya_note:20210725125138p:image
f:id:kamiya_note:20210725125209p:image

・オベロンは自身の二面性について言及している。

「汎人類史側の英霊として正しいブリテン島の姿を求める僕」と「物語を続けたい僕」。どちらかが「災いをもたらしてもう一波乱起こしたい僕」=ヴォーティガンの影響を受けている?

・オベロンに「真夏の夜の夢」に登場する妖精パックの要素が見受けられる。パックはトリックスター(物語などで秩序を破り展開させる存在)と称され、オベロンの宝具にも秩序特攻がついている。

 

既出の考察も参考にした上での独自の考えなので、当たっているかは分かりません。

オベロン自身が今後の展開でどう転ぶか最も分からない要素なのは確かです。

 

最後に、個人的に気になった部分を挙げます。

f:id:kamiya_note:20210725174159p:image
f:id:kamiya_note:20210725174206p:image

汎人類史において、何故妖精が人間の前から姿を消したかについて村正が言及していました。

妖精國の妖精たちは人間の文化を模倣することにより、人間と同等の醜悪さを持ち合わせるようになりました。

オベロンは汎人類史の妖精の王。どんなに妖精たちと親しくしていても、彼は妖精國の妖精の在り方に対して怒っているのではないかと私は思いました。

憤りを覚えながらも善性を保っているオベロンと、秩序を破壊してしまいたい、極端に言えば悪性のオベロンがいるのでは…と考えています。

 

 

 

今一つ言えることは、

悪い豊永利行ボイス聴いてみたいよネ!(第3再臨で)ってことです。

夢を見過ぎた星5オーディンの実装はないでしょうから、私は性能抜きにしてオベロンに石を注ぐ所存です。

次の記事では普通の感想を書きます。ガレスちゃん…。

【FGO】各クラスで未所持の欲しいサーヴァントを挙げてみる

FGOを始めて5年と数ヶ月、福袋召喚以外は無課金の割には高レアサーヴァントとの縁に恵まれていると自分で思っています。ブログでも当たったサーヴァントの話を結構しています。

この記事では逆に、各クラスで未所持、かつ欲しいサーヴァントを挙げてみます(エクストラクラスは他でひとくくりにします)。

 

剣…千子村正

今年のお正月に狙ったものの見事に爆死。別にシロウが好き!という訳ではないものの、慣れ親しんだ主人公が依所ですもの、やはり自前で欲しい気持ちはあります。

 

弓…ギルガメッシュ

staynightサーヴァントで唯一未所持、何度も狙っては撃沈しているのがギルです。私の性格的に縁がないのだと思います。

 

槍…ラムダリリス(水着メルト)

ランサーは戦力的に満足しているので、しいて言うならという感じです。ペンギンのパーカーが可愛い。

 

騎…アキレウス

アポクリファで1番好きなサーヴァントです。気持ちのいいキャラですよね。Apoコラボで狙ったものの、やはり縁がありませんでした。ケイローン先生は最近来たし、恒常なのでいつか…!

 

術…ナーサリー・ライム

キャスターも戦力的に十分なので、趣味で言うとナーサリーちゃんが欲しいです。新規の頃よくフレンドさんから借りてました。一緒にお茶会したいです。

 

殺…山の翁

翁、カッコいいですよね…。シナリオでの存在感が凄かったのと、うちはアサシンの層が薄いのでいたらいいな〜と思います。

 

狂…土方歳三

私は坂本龍馬(というか土佐藩)がすごく好きだからか、沖田さんや斎藤さんも含め佐幕派(幕府側の人間)がいないんですよね。あとノッブは全員います。でもヒッジもかっこいい。

 

他…巌窟王エドモン)

エドモンも縁がない!ノッブ(回す方)のボイスが好きなんですけど、やはり性格的にうちの空気に合わないのか来てくれません。星5のアヴェンジャーが魔王ノッブしかいないんです。デーモンキングとか…

サバフェスの時狙った結果が現在宝具マの術ギルです。

ではスカスカシステムの時誰をアタッカーにしていたのかというと、アーラシュを併用した項羽様です。今はボイジャー君が担当してくれています。

 

他にも何騎かいますがこの辺で。戦力というよりは趣味、こだわりで欲しいサーヴァントばかりです。

未実装なら断トツでバゼットです。自分でスキル構成とか宝具性能とか最終再臨絵の想像をして楽しんでいます。個人的にもうエンドコンテンツですね…彼女は。